あいさつ

こんにちは。山本敦志です。

私は小学3年生でサッカーをはじめてから、サッカーが大好きになり、高校、大学、社会人まで
ずっとサッカーに打ち込んでいました。勉強よりもスポーツが好きで典型的な体育会系の若者でした。

プロサッカー選手になることを夢見てはいましたが、自分で回りをみて、自分のサッカー選手としての能力の評価を
決めつけていたのでしょう。プロサッカー選手になれるとは全く思っていませんでした。

.

そして、就職することになります。

就職したのは自分の家業の会社です。給排水設備工事会社でわかりやすく言うと町の水道屋さんです。

家業なので父親が経営しています。父親とけんかして会社をやめて独立したこともありました。

その父も亡くなり、会社を継ぐこととなります。

会社経営では様々な困難に遭遇しました。

 

. 
また、私は子供のころからアトピーの悩みが絶えず、ひどいときは働くことが出来ないほど悪化するようなこともありました。
サッカーに打ち込んでいたころは毎日が楽しく、悩みなど全くないような人生だったと思います。

しかし、社会人となり、アトピーも悪化するようになり、そして事業継承するに際しての問題などを抱えていくうちに
色々なテーマの悩みを抱くようになりました。

このころから、大量の本を読むようになりました。

.

そして出会ったのが苫米地博士の著書です。フェラーリを何台も所有している天才機能脳科学者といった紹介で

「すごい人もいるもんだな」と思いながら読んでいました。
内容はすごく面白く、しかも、読んでも読んでも、また新刊が出てくるようなすごいスピードで出版されるのです。

これで苫米地博士の虜となってしまったわけです。

本を読みだした最初の動機はアトピーの悩みや会社経営の悩みを解消したいという気持ちだったのですが、
「ところで私は自分の人生を生きているのだろうか」という問いを持ちはじめます。

それまでは私が選択した人生ではなく目の前にひかれてあるレールに沿って何となく生きており、
このままだとこのままの未来がやってくることは想像するに難くありませんでした。

.

この現状から抜け出したい!

強く、強く、心から思いました。
その思いを持ってキラキラした目で苫米地博士に会いに行ったことは今でもはっきりと思い出せます。

そして、苫米地式コーチング、タイス式コーチング、ドクター苫米地ワークス、苫米地アカデミー、
TPIE、PX2、著書、DVD教材などなど苫米地博士が行っているありとあらゆる教育を受けてコーチとなりました。

これらを学んで得た結論は戦争と差別をなくすためにコーチングを広めることが重要であるということです。

.

コーチングを知ってもらい、学んでもらい、受けてもらい
現状の外のゴールを見つけ、自分の能力をどこまでも伸ばしていくことを今からあなたにおこなってほしいです。

あなたはあなたが思っているよりももっとすごい能力を秘めています。
そのすごい能力を出現させずまま一生を終えることはとても残念です。

だから、今こそ、決断し、能力を発揮し社会で活躍していってください。

そしてこれからの時代を引っ張っていくリーダーとなっていってください。

.

私も全力でお手伝いいたします。

山本敦志 プロフィール

地 域 1973年 兵庫県神戸市生まれ、兵庫県芦屋市在住
学 歴 甲南大学卒業
修正建設専門学校卒業
役 職 株式会社大阪商会 代表取締役
資 格 コーチング認定資格
苫米地式コーチング認定コーチ
パフォーマンス・エンハンスメント・コーチ(タイスコーチ)