オフィシャルブログ

カテゴリー別アーカイブ: コーチ山本敦志のブログ

ドリームキラー対処法

 

大切なことを伝えるのを忘れていた。

 

ドリームキラーの対処法を伝えとかねば。

 

ドリームキラーとはあなたの夢をあきらめさせようとする人たちのことだ。

 

どうせあなたには無理よ、などと言ったり
今までの実績を引き合いにしたり、とにかくあなたにあきらめるよう説得する人のこと。

 

どうだろう?よくいるでしょう。

 

まず、なぜドリームキラーはあなたにこんなことをいうのだろう。

 

それはドリームキラー自身があなたに羽ばたかれると居心地が悪いからだ。

 

ドリームキラー自身では親切心のつもりでいるが、中身は現状のコンフォートゾーンの中でガチガチになっているドリームキラー自身が他人に夢をかなえられるのが超嫌だから。

 

なぜ嫌なのか。

 

どうせ無理というブリーフシステムを持っている人が、その間近で無理ではないことを証明されるとブリーフシステムが揺らぐ。無理ではないのだろうかとそのドリームキラー自身が思ってしまう。すると自分も夢を叶えれると思わざるをえない。

 

とするとだ、

 

ドリームキラー自身がコンフォートゾーンの外に出ないといけなくなってしまう。

 

超怖いじゃん。

 

魚が陸にあがるというやつを自分が実践しないといけないのだから。

 

だから、コンフォートゾーンを死守したいわけだ。

 

その結果、夢を持つ人すなわち陸に上がろうとする魚たちを止めるという行動にでる。

 

ちなみにこれらは全て無意識に行われている。意識的には親切心であろう。あなたのためだからと。

 

危ないから止めておきな。
傷つくから止めておきな。
平凡が一番。
などなど数え上げればきりがないほどクリエイティブな言葉であなたを現状に縛り付けようとする。

 

ドリームキラーの言うことを受け入れるとゴールは達成できない。

 

さあ
重要なポイントだ。

 

いいだろうか、受け入れるのがダメなんだ。
聞くことがだめなんじゃない。

 

受け入れなければよい。

 

ドリームキラーは親や友達、教師、あなたのごくごく身近なところに多数存在している。

 

先ほども言ったように、その人たちは親切心であなたに接している。あなたのことを嫌いなわけじゃなく、大切に思っていると思うんだ。

 

だから、怒らないでほしい。

 

もし、ニッチもサッチもいかない状況ならば、コーチを持てばよい。コーチはあなたの夢を心から応援する職業だ。

 

いづれにしても、冷静に聞いて、

 

私のゴールは私だけのもの他人がなんと言おうが関係ない。

 

そう思ってほしい。

 

最後にドリームキラーへの対処法として、とっておきの方法を伝授しておく。

 

あなたのゴールはコーチ以外には言わないこと。
決してコーチ以外には言わない。

 

いたづらに人間関係を壊さないためにも心に刻んでおいてほしい。

あなたはもともとすごいのだ!

 

エフィカシーについて

 

エフィカシーとは自分の能力に対する自己評価のことである。

 

これについて考察しよう。

 

ポイントは自己評価であり他者評価でないということだ。

 

これをはき違えている人が多い。

 

例えば、ほめられるとエフィカシーがあがるというのはどうだろう?

 

明らかに他者の評価だ。

 

そうではなく、自己の評価なのだから、俺はすごいでよい。誰かの言っていることなんてどうでもいいのだ。

 

自分で自分をすごい奴だと思っている人、思えている人をエフィカシーが高いという。

 

しかも、根拠もなくてよい。

 

昔、こんな実績があるから俺はすごいんだ。ではこれからの新しい未来には使いものにならない。

 

だって、実績とは過去の実績であって、未来の実績ではない。コンフォートゾーンの外に出ていくのには使い物にならない。

 

とはいうもののだ

 

そんな風に思えないからやっかいなんだ。

 

魚が陸に上がるときに俺ならできると思えたらよいが、いやーでも僕えら呼吸なんですけど大丈夫でしょうか?

 

ひれしかないんですけど、移動できないとおもうんですけど・・・
などとなるよね。

 

俺なら陸でも生活できる!

 

とう魚が肺呼吸ができるように進化させ、足をはやさせたのだが。

 

やはり

 

いやー、でも苦しそうだしできそうにないしと思うかもしれない。このマインドをどうするかだ。

 

大人の場合はそれなりに知識と経験を蓄えてきているのだから、単に俺ならできると思えるようになってほしい。ほめられたらさすが俺褒められるのは当たり前。けなされたら、さすが俺、普通とは違うぜ

 

なんと言われようが自己の絶対的評価は変わらない。変わる時とは自分が,かーわろっと思った時だけ!

 

心掛けることがすごい重要だ!
それがゴールへの原動力なのだから。

 

子供の場合は自己の評価基準がまだできていないから、ほめてあげることが大切になる。

 

ただし、ほめる側、親や教師はこれができたからあなたはすごいね。でななく、あなたはもとからすごいね。だからこんなことも出来たのねがエフィカシーを培うのに適していると思う。

 

子供に俺はすごいんだと思わせることがエフィカシーを高める教育なのであって,これができたらすごいは、自己の外側に評価基準が存在することを暗に示している。

 

そんな風に育てられた子供はエフィカシーを高めれないので陸に上がるようなことを成せなくなってしまう。

 

もちろん今の大人もそうやって育てられたからこそ、コーチが必要になってくる。

 

100年後はコーチという職業はなくなってしまえばいい。その代わりにみんながみんなのコーチであればよいと思っている。

 

個人の絶対的評価基準は自分一人のものであり、他者が干渉すべきではない。個人は他人の言うことなど気にせず、俺はすごい!私はすごい!と思えばよい。

 

そして違う人と関係を持つときは100パーセント相手の評価基準を尊重した上で、あなたもすごいねと思えばよい。

 

もちろんこれら全て言葉にして発する必要はなく、こころの中で言えばよい。

 

高いエフィカシーがあなたをゴールに連れて行くのは間違いない。

 

みんなでエフィカシーを高めあっていけたら、それこそすごい世の中だ!

 

僕もすごい!
あなたもすごい!

 

コーチの存在とは

ペン立てを買った。

 

結構、気に入った。

 

机のまえにずっといてるのでずっと見られている気がする。

 

そういえば、コーチの存在も似ている。

 

ずっと頭の片隅にいて語りかけている。

 

ずっと後ろから、「君ならできる」と見守っている存在だ。

 

人は不思議とコーチという存在に見守られているとゴールが達成されてしまうものだ。

 

不思議だがそういうものなのだ。

 

あなたは人形の背景にあ臨場感を持って、見守ってくれる人をイメージできますか?

 

またはあなたは誰かにそのような存在としてイメージされていますか?

 

みんながコーチとなってみんなを暖かく見守る。そしてその人がいなくても感じることができて勇気が湧いてくる。

 

それがコーチングなのかなと思う。

 

20150930_162635everybody coaching

苫米地博士と記念撮影

20130817_191405

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パフォーマンス・エンハンスメント・コーチングの講習会にて

 

苫米地博士師匠と記念撮影した。

 

ルータイスのコーチング理論を教えていただいた。

 

3年も前かな。

 

懐かしい。

 

今になってのアップだが
これからはどんどんとプロアスリートのパフォーマンス向上のためにお手伝いしていこうと思う。

 

期待してください。

マークシューベルトと記念撮影

マークと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パフォーマンス・エンハンスメント・コーチの講習会にて
北京五輪8個の金メダル マイケル・フェルプスのコーチ

 

マーク・シューベルトとの記念撮影

 

今は亡き伝説のコーチ ルータイスの弟子でもある。
マークと時間と空間を共有できたことは

 

僕にとっての財産だ。

 

後ろに苫米地博士もいる・・・

時間観

 

時間は過去から現在、現在から未来に流れていると思っている人が多い。

 

しかし、最先端の哲学的観点からみると未来から現在、現在から過去へと
時間が流れているとみるのが主流だ。

 

たとえば、過去に行きたかった大学に合格できなかったから、現在の会社でしぶしぶ働いている。と考えているとしよう。
過去の大学に合格できなかった出来事が、因、で
現在の会社でしぶしぶ働いている状況が、果、

 

このような因果関係を頭のなかで成立させている方が多い。

 

しかし、コーチングにおいてはこの考え方は改めなければならない。

 

時間の流れは未来から流れてきていると考えてほしい。

 

現在の会社でしぶしぶ働いて満足できていないことを過去の受験の失敗のせいにしている。
このように考えてほしい。

 

こうみてみると過去は単なる解釈でしかないことがわかると思う。

 

未来は我々の自由な意思によって決めてよい。
なりたい自分像を自由に掲げてよい。

 

未来から時間は流れているということは過去はどんどん遠く離れて行っている。都合の悪い過去などはどんどん忘れてしまおう。過去の自分と現在の自分との関係など全くないと思ってほしい。

 

ゴールを成し遂げている未来の自分の姿を思い浮かべてほしい。
そしてゴールを成し遂げた時にはこう解釈しているはずだ。

 

私はゴールを達成した。それも過去の受験の失敗が原動力になっているからかもしれないな~

 

未来の出来事により、過去の解釈はいかようにも変えることができる。

 

過去の失敗から解放されて堂々と未来のゴールをかかげよう。

エフィカシー

 

コーチングにおいて
最も重要であるといってもいいエフィカシー!

 

ゴールが達成されるか否かはエフィカシーがあるかないかだ。

 

エフィカシーとは自分の能力の自己評価のこと。

 

言葉であらわすと簡単だがとっても奥が深い。

 

周りでも何をやってもすいすいと成し遂げてしまう人がいると思うがそれはその人のエフィカシーが高いからだ。

 

では、どうやってエフィカシーを高めるのか。
もちろんパーソナルコーチングを受けてもらうのがよいが、自分だけでエフィカシーを高める方法を紹介したい。

 

それはとにかくネガティブな発言をしないこと。
なるべくではだめ。絶対にネガティブな発言はしない!

 

心の中でも言ってはだめ。
徹底的に、肯定的な発言をするように意識しよう。

 

私は最高だ!
俺は優秀だ!
今日もきれい!かわいい!かっこいい!
やっぱり、僕は頭がいい!
などなど。

 

自分で自分に語りかける言葉を徹底的に、ポジティブにする。
最初は少し恥ずかしいくらいでも丁度いいと思う。

 

これを続けると驚くほどの効果があらわれる。
もとに戻るが、ゴールを達成できるかどうかはエフィカシーがあるかないかだ。

 

エフィカシーは日々の言葉により強化されていく。
ゆっくりエフィカシーを培っていこう。

 

今日から絶対にネガティブな言葉を排除しよう。
もう一度言うが、なるべくではだめだ。絶対に排除ですよ。

コーチ山本敦志のブログ

このカテゴリーではコーチ山本敦志のブログを追加していきます。

facebook_face

 

 

スタッフブログ

このカテゴリーではスタッフブログを追加していきます。

facebook_face