ブログ|夢を叶えるマインドチューニング

オフィシャルブログ

アファメーションを毎日書くことの重要性

 アファメーションを毎日書くことがなぜ重要なのか、そのことを考えるために

・アファメーションの重要性

・アファメーションを毎日唱えることの重要性

・アファメーションを書く重要性

この3つに分けて考えたいと思う。

 

まず、アファメーションの重要性はといえば、脳に現状のゲシュタルトを選択させずにゴールのゲシュタルトを選択させるために非常に効果的だからだ。言い換えるとゴールを達成するための一番の早道だからだ。

 

  ルー・タイスの理論によれば、脳は一つのゲシュタルトしか維持することができない。そのゲシュタルトといえば通常は過去の積み重ねの現状というゲシュタルトが選ばれる。我々が何か夢をかなえたい。目標を達成したい。変わりたいと思った時に夢がかなわない、変わらないのはこの過去の積み重ねの現状というゲシュタルトが維持されてしまっているからだ。この現状を維持するというパワーは強烈で、強烈にもとに戻ろうとするホメオスタシスが働いているから。このホメオスタシスは生命が生きながらえるための機能でもあるので強烈なのは当然といえば当然といえる。

 

 セルフコーチングにしても、パーソナルコーチングにしてもこの現状VSゴールのゲシュタルトの選択の戦いにおいてゴールのゲシュタルトが選択させなければゴール達成することができない。つまり強烈な現状維持のパワーに打ち勝たなければならない。

 

  その方法論の代表がアファメーションといえる。

アファメーションという用語のほかにもセルフトークのコントロールや、ヴィジュアライゼーションといった方法論があるが、これらを機能させるためにアファメーションが必要である。

 

 例えば、すべてのセルフトークのコントロールは無意識を含めて考えるとコントロールするのは大変だ。実質アファメーションだけが自分をコントロールできる唯一の手段であるといえると思う。これらのことからアファメーションがゴール達成において重要な要因であるといえるだろう。

 

次に毎日唱えることの重要性だが、アファメーションは唱える回数が多ければ多いほど達成するスピードはあがるとルー・タイスは言っている。だから、毎日唱えるということは達成するスピードをあげることになるのだ。

 

 ルー・タイスも最低朝晩2回が望ましい。できれば5回唱えるとよい。と言っているので、毎日何回でも、多ければ多いほどよいといえるだろう。

 

 理論的には先ほど述べたようにやればやるほど、現状維持のゲシュタルトに代わって、未来のゴールを達成している状態を現実だと認識しやすくなる。このことが毎日(なるべく多く)唱えることが重要な理由だ。

 

 最後にアファメーションを書くことの重要性を考えたいと思う。書く

 

ということはその作業を通じて自分のアファメーションを見直すことにもつながることになると思うので、⑧の「記述の精度を上げる」ということが大きな利点であるといえる。

 

 また、書くという行為そのものが古来の、写経のような心を落ち着ける、瞑想のような効果があるようにも感じる。アファメーションを書くということは瞑想状態の中でゴールのイメージを徹底的につくりあげていくことに繋がるのではないだろうか。

 

 アファメーションを毎日書くことによりゴールのゲシュタルトが選択され、ゴールが達成される。アファメーションの機能を最大限に引き上げることができるのである。

 

 

実践!アファメーション

 

実践セルフコーチング
今回はアファメーションの説明だ。
超一流アスリートの道はここから開けると思ってほしい。

アファメーションは11のルールに則って正しくつくる。

 

   個人的なものであること

アファメーションは一人称で書く。個人の場合は「私」チームや組織の場合は「我々」社会的な通念にとらわれたり、他人の評価を意識したりせず、あくまで自分の価値観で内容をつくる。

 

   肯定的な表現のみを使い、肯定する対象のみを盛り込む

否定的な言葉や否定する対象を口にした途端に、その人のエフィカシーは格段に下がってしまうのでそのような言葉を盛り込まない。「こうなりたい」「欲しい」という表現と、その対象についてのみを記す。

 

   「達成している」という内容にする

アファメーションは、「私は○○を持っている」「私は○○をしている」「私は○○だ」といった言い回しを使い、すでにゴールを達成しているという内容にする。

 

   現在進行形で書く

「今まさに○○している」「今起こっている」などのような現在進行形で記す

 

   決して比較をしない

比較優位で成り立つものや相対化されたものではなく本心から生まれた絶対的なゴールの内容を記す。

 

   「動」を表す言葉を使う

アファメーションでは、ゴールの世界における自分自身の行動やふるまい方を表すような言葉を使うことを心がける。動を表す言葉を使うことによってゴールを達成した自分の臨場感を上げることができる。

 

   情動を表す言葉を使う

情動をゴールに結びつけることにより⑥と同じくゴールの臨場感はいっそう増してくる。よりリアルになってくる。

 

   記述の精度を高める

アファメーションは一度つくれば終わりというものではない。毎日、自分にそれを語りかけながら、気づいたことがあればその都度、修正を加え、制度を高めていくことが重要である。

 

   バランスをとる

人生のゴールはキャリア、家庭、姻戚関係、ライフワーク、財産、住環境、地域活動、精神性、健康、余暇のあらゆる分野に及ぶ。バランスよく組み合わせて調和させてゆく。

 

   リアルなものにする

アファメーションの文章は、その文言からゴールを達成した自分自身の姿が浮き出してくるくらい、リアルな記述にする。

 

   秘密にする

アファメーションは個人的なツール、ゴールもアファメーションもドリームキラーや他人の評価から遠ざけるためにも懐に大切にしまって秘密にしておくことが重要である。

 

 その他の注意

寝る前に覚えたことは脳は記憶にとどめやすいため、自分に語りかけるベストなタイミングは就寝前。

アファメーションは一日に最低二回する。回数が多ければ多いほど達成のスピードはあがる。

 

 アファメーションは以上11個のルールに則って正しくおこなうことが大事である。アファメーションは毎日唱えるために、非常に大きな効果があるものだ。しかし、逆に間違ったアファメーションも同じく非常に大きな効果を生む。そのためにも正しくつくることが大事である。

 

 

ドリームキラー対処法

 

大切なことを伝えるのを忘れていた。

 

ドリームキラーの対処法を伝えとかねば。

 

ドリームキラーとはあなたの夢をあきらめさせようとする人たちのことだ。

 

どうせあなたには無理よ、などと言ったり
今までの実績を引き合いにしたり、とにかくあなたにあきらめるよう説得する人のこと。

 

どうだろう?よくいるでしょう。

 

まず、なぜドリームキラーはあなたにこんなことをいうのだろう。

 

それはドリームキラー自身があなたに羽ばたかれると居心地が悪いからだ。

 

ドリームキラー自身では親切心のつもりでいるが、中身は現状のコンフォートゾーンの中でガチガチになっているドリームキラー自身が他人に夢をかなえられるのが超嫌だから。

 

なぜ嫌なのか。

 

どうせ無理というブリーフシステムを持っている人が、その間近で無理ではないことを証明されるとブリーフシステムが揺らぐ。無理ではないのだろうかとそのドリームキラー自身が思ってしまう。すると自分も夢を叶えれると思わざるをえない。

 

とするとだ、

 

ドリームキラー自身がコンフォートゾーンの外に出ないといけなくなってしまう。

 

超怖いじゃん。

 

魚が陸にあがるというやつを自分が実践しないといけないのだから。

 

だから、コンフォートゾーンを死守したいわけだ。

 

その結果、夢を持つ人すなわち陸に上がろうとする魚たちを止めるという行動にでる。

 

ちなみにこれらは全て無意識に行われている。意識的には親切心であろう。あなたのためだからと。

 

危ないから止めておきな。
傷つくから止めておきな。
平凡が一番。
などなど数え上げればきりがないほどクリエイティブな言葉であなたを現状に縛り付けようとする。

 

ドリームキラーの言うことを受け入れるとゴールは達成できない。

 

さあ
重要なポイントだ。

 

いいだろうか、受け入れるのがダメなんだ。
聞くことがだめなんじゃない。

 

受け入れなければよい。

 

ドリームキラーは親や友達、教師、あなたのごくごく身近なところに多数存在している。

 

先ほども言ったように、その人たちは親切心であなたに接している。あなたのことを嫌いなわけじゃなく、大切に思っていると思うんだ。

 

だから、怒らないでほしい。

 

もし、ニッチもサッチもいかない状況ならば、コーチを持てばよい。コーチはあなたの夢を心から応援する職業だ。

 

いづれにしても、冷静に聞いて、

 

私のゴールは私だけのもの他人がなんと言おうが関係ない。

 

そう思ってほしい。

 

最後にドリームキラーへの対処法として、とっておきの方法を伝授しておく。

 

あなたのゴールはコーチ以外には言わないこと。
決してコーチ以外には言わない。

 

いたづらに人間関係を壊さないためにも心に刻んでおいてほしい。

アファメーションの説明

さあ、アファメーションだ

 

これを続ければあなたも、ゴール達成される。

 

マイケル・フェルプスもこれで北京オリンピックで8個の金メダルを取ったのだ。8個だよ8個!!

 

でもやはり続けることが大事。毎日の日課にできるかどうか。それにかかっている。

 

毎朝起きたらまず、アファメーション
寝る前はアファメーション

 

できれば24時間365日アファメーション

 

現状対ゴールの臨場感の戦いの話はすでにした。

 

脳は臨場感の高いほうを現実だと思うようにできている。現実ではない高い臨場感をもったゴールは、現状の臨場感よりも勝った時に本当にそれが現実となる。

 

このカラクリを使った方法がアファメーションである。

 

ゴールの臨場感を高める技術といってもよい。

 

AFFIRMATION
「言葉」があなたの人生を決める

 

AFFIRMATION
「言葉」があなたの人生を決める
実践ワークブック

 

共に苫米地英人著

共にフォレスト出版

 

まずはこの2冊の本を買って読んでください。大事なことだから絶対読んでください。

 

これらを踏まえたうえで注意点をしるしていきたい。

 

続く

https://www.yamamotoatsushi.jp/

 

あなたはもともとすごいのだ!

 

エフィカシーについて

 

エフィカシーとは自分の能力に対する自己評価のことである。

 

これについて考察しよう。

 

ポイントは自己評価であり他者評価でないということだ。

 

これをはき違えている人が多い。

 

例えば、ほめられるとエフィカシーがあがるというのはどうだろう?

 

明らかに他者の評価だ。

 

そうではなく、自己の評価なのだから、俺はすごいでよい。誰かの言っていることなんてどうでもいいのだ。

 

自分で自分をすごい奴だと思っている人、思えている人をエフィカシーが高いという。

 

しかも、根拠もなくてよい。

 

昔、こんな実績があるから俺はすごいんだ。ではこれからの新しい未来には使いものにならない。

 

だって、実績とは過去の実績であって、未来の実績ではない。コンフォートゾーンの外に出ていくのには使い物にならない。

 

とはいうもののだ

 

そんな風に思えないからやっかいなんだ。

 

魚が陸に上がるときに俺ならできると思えたらよいが、いやーでも僕えら呼吸なんですけど大丈夫でしょうか?

 

ひれしかないんですけど、移動できないとおもうんですけど・・・
などとなるよね。

 

俺なら陸でも生活できる!

 

とう魚が肺呼吸ができるように進化させ、足をはやさせたのだが。

 

やはり

 

いやー、でも苦しそうだしできそうにないしと思うかもしれない。このマインドをどうするかだ。

 

大人の場合はそれなりに知識と経験を蓄えてきているのだから、単に俺ならできると思えるようになってほしい。ほめられたらさすが俺褒められるのは当たり前。けなされたら、さすが俺、普通とは違うぜ

 

なんと言われようが自己の絶対的評価は変わらない。変わる時とは自分が,かーわろっと思った時だけ!

 

心掛けることがすごい重要だ!
それがゴールへの原動力なのだから。

 

子供の場合は自己の評価基準がまだできていないから、ほめてあげることが大切になる。

 

ただし、ほめる側、親や教師はこれができたからあなたはすごいね。でななく、あなたはもとからすごいね。だからこんなことも出来たのねがエフィカシーを培うのに適していると思う。

 

子供に俺はすごいんだと思わせることがエフィカシーを高める教育なのであって,これができたらすごいは、自己の外側に評価基準が存在することを暗に示している。

 

そんな風に育てられた子供はエフィカシーを高めれないので陸に上がるようなことを成せなくなってしまう。

 

もちろん今の大人もそうやって育てられたからこそ、コーチが必要になってくる。

 

100年後はコーチという職業はなくなってしまえばいい。その代わりにみんながみんなのコーチであればよいと思っている。

 

個人の絶対的評価基準は自分一人のものであり、他者が干渉すべきではない。個人は他人の言うことなど気にせず、俺はすごい!私はすごい!と思えばよい。

 

そして違う人と関係を持つときは100パーセント相手の評価基準を尊重した上で、あなたもすごいねと思えばよい。

 

もちろんこれら全て言葉にして発する必要はなく、こころの中で言えばよい。

 

高いエフィカシーがあなたをゴールに連れて行くのは間違いない。

 

みんなでエフィカシーを高めあっていけたら、それこそすごい世の中だ!

 

僕もすごい!
あなたもすごい!

 

抽象度と最適化

 

今回は抽象度の話から始めよう。

 

抽象度とは物理次元から情報次元に広がっている宇宙には階層があり、そのレベルがあるということだ。

 

物理次元が一番低い抽象度で、情報次元に向かって無限に広がっている。

 

わかりにくいから例えで説明する。

 

僕には愛犬がいる。
名前をチャックという。犬種はウエスティ。
ここにいる。

 

こいつそのものは物理次元に存在している。触れるし、少し臭う。
チャックはここにいる。

 

しかし、ウエスティはどこにいる?チャックはウエスティだがウエスティになった段階で概念になる。白くて、人懐っこくて、よく吠える。などなどの要件をそろえた犬。ここでまた犬という概念が出てきた。

 

チャック
ウエスティ

哺乳類
生物

 

とだんだんと概念の階層を上がっていく。
これが抽象度の概念だ。

 

こいつだけ物理次元に存在していて、チャックと名付けられた段階から、情報次元にだんだんと移行していく。
ウエスティになると、もっと多くの概念を含む。犬になるとプードルも柴犬もすべての犬が含まれる。哺乳類になると僕もはいる。

 

このように物理次元を一番低い抽象度と呼び、無限(?)に階層性のある空間を情報空間、情報次元と呼ぶ。

 

もっと詳しく知りたい方はセミナーに来ていただくか、苫米地博士の本を熟読してほしい。

 

ここではこのくらいにして、スポーツで超一流アスリートを目指す、あたなへのレクチャーを始める。

 

あなたのトレーニングは何かというと、それは最適化である。魚が陸に上がったことを進化と呼び、フィンチがくちばしを環境に応じて変化させてきたことは最適化であり、退化だと話した。

 

その最適化をしているのがトレーニングなのだ。

えー?と思われただろうか?

 

競泳選手はずっと泳いでいると手に水かきができてくるという。それは早く泳ぐために体が最適化をしたのだ。そうスポーツ選手にとってトレーニングは必須であり、トレーニングなくして上達することなどありえない。

 

だから徹底的にトレーニングは必要だ。

 

しかしだ、あなたは必至でトレーニングをしたら超一流アスリートになれると思っているだろうか?

 

このブログで何度も話しているように、壁にぶち当たった時に何段階か進化しないと次のステージにいけないと感じていると思う。

 

そりゃそうだよね。

 

トレーニングだけなら誰だってオリンピックで金メダル取れちゃうよ。

 

ここで言いたかったことは最適化というトレーニングを誰よりも一生懸命にやった、その次の段階で進化しないといけないということだ。

 

情報空間に階層性があり、抽象度がある理屈と同じで、あなたのマインド内の抽象度を上げることが進化なのである。

 

そう、壁にぶち当たった時には抽象度を上げる必要があるのだ。
なかなか普通のアスリートはそれができない。

 

どうやってよいのかもわからないのだと思うが・・・

 

苫米地式コーチングにふれたあなたはそれができるということだ。

 

方法はすでに述べている。

 

ゴール設定だ。

現状では達成できないようなでっかい、でっかいゴールを設定することにより、そしてその臨場感をあげていくことにより、抽象度をあげ、進化することが可能になる。

抽象度をあげるのはこの方法しかない。

 

下から、よいしょと登れるようなものでなないのだ。上からゴールのホメオスタシスを働かせて引っ張り上げるしかない。

 

だからこそ、現状の外のゴールが必要なのだ。

マインドと体

 

苫米地式コーチングの根底に流れる基礎知識である情報空間と物理空間の関係性の話をしてみたい。

 

苫米地式コーチングではマインドと呼ぶが、
スポーツの世界ではメンタルと呼ばれることが多い。そしてメンタルに対してフィジカルがあり、区別されている。

 

精神と肉体

 

あなたはこの二つをどのように捉えていますか?

 

二つのバラバラなものであるとまでは思っていなくても、メンタルとフィジカルが同じものだとも思わないのではないだろうか?

 

まずは用語を統一するが、マインドと体という風に表現していく。

 

マインドと体は完全に関係している。
そこに疑問はないだろう。

 

するとどんな風に関係しているのか?

 

ここが今回のテーマである。

 

情報空間とはマインドの世界である。マインドで持ってアクセス可能な世界である。アニメや映画など誰かの頭の中で作り出される世界は情報空間のなかで作り出される。

 

物理空間とはその作り出された世界を表現するために、たとえば本の紙や映画のスクリーンなど色や形のあるものが使われたりする。その世界だ。木や森、水や川、海などの自然も物理空間に存在している。

 

人間はというと物理空間と情報空間の両方の宇宙に存在しているといえる。

 

人間だけではなく生命体はこの両方の宇宙に存在している。

 

あなたもマインドを持っているわけだが、マインドは情報空間に存在しているという感覚を持てるだろうか?

 

だって、あなたのマインドを見せろと言われても物理的に見せることができないでしょう。

 

物理的にないのであればないじゃん!などと文句を言われても いや、あるよ!と思うでしょう。

 

あるよという場所が情報空間だと思ってくれるとよい。

 

となると、あなたは最終的に超一流アスリートとして物理的な体が、すごいパフォーマンスを発揮するようにしたいわけだ。

 

とはいっても体だけ、鍛えても、それが叶わないことは今までの経験でも知っていると思う。

 

やっぱりマインドが大事だよな。なんて思っているだろう。ちなみにもし思っていない人は論外だ。

 

冒頭で触れたが、マインドと体はふたつの別々のものではない。強烈に関係している。

 

その関係とは

 

そうその関係とは

 

マインドが因であり、体は果なのである。

 

あなたのマインドがあなたの体を作っている。

 

しっくり、くるだろうか?

 

あなたの情報空間でつくりあげたあなたの像があなたの体であるということ。
あなたの情報空間でつくりあげたあなたの像があなたのパフォーマンスであるということ。
あなたの情報空間でつくりあげたあなたの像があたなの順位であるということ。

 

この感覚を身につけてほしい。

 

マインドが体を作っているのだ。

 

メンタルとフィジカルという感覚ではない。二つの違ったものという見方をしているという意味ではこの捉え方は間違っている。

 

情報空間におけるマインドを変えると物理的肉体に影響を及ぼし変化する。

 

だからマインドが重要なのだ

 

メンタル7割、フィジカル3割とかメンタル半分、フィジカル半分とかではない。

 

マインドが100%であり、その結果が体である。

 

マインドが俺は世界一の野球選手だと決めたから、フィジカルもそれに追随して世界一の野球選手の体になるのである。

 

脳と心、意識、無意識、これがマインドだ。このマインドをセットする。そうゴールに向けてセットする。
するとマインドの中の無意識があなたをゴールに連れて行く。

 

僕の感覚ではメンタルとは無意識というより意識のことだけを指しているように聞こえる。あくまでも一般に使われている言葉の僕の感覚だが・・・

 

人間の活動はほとんど無意識が動かしている。

 

その無意識を使わずに超一流アスリートへはなれないと思うんだ。

 

だからこそ

 

マインドの重要性を今一度考え直してほしい。

 

もう一度、言っておく。

 

マインドが全てだ!!

ゲシュタルトの説明

 

今回はゲシュタルト

 

ゲシュタルトとは抽象度をひとつあげるとそれまでは低い抽象度ではバラバラに見えていたものが整合的なひとまとまりのものとして認識できることである。

 

例えば、街灯。一つの街灯つまり電気の球だけ見ているとそれが街灯とはわからない。これは何?と質問されても電気の球としか答えないだろう。しかし遠くから眺めてみて、あ、街頭だとわかってからその一つの電気の球をみると街灯と答える。

 

低い抽象度では電気の球であるが
高い抽象度では街灯となる。

 

順序が逆になるかもしれないが、抽象度の話は次回にする。

 

バラバラに見えていたものが、ひとまとまりのものとして認識することができることをゲシュタルトができるという。

 

部分と全体の関係のことである。

 

例えば、あなたがバラバラ殺人の指の先を見つけたとしよう。あなたはその指が人間の体の一部であるとなぜわかるのか?

 

それはあなたが人間の体のゲシュタルトを持っているからだ。全体像を知っているために、ほんの一部分からそれの存在を知ることができるのだ。

 

これをゲシュタルトという。

 

ゲシュタルトを知ったうえで、今回は現状(ステータス・クオ)のことについて触れていきたい。

 

あなたは超一流アスリートへの道を歩き出した。

 

超一流アスリートへなるためには,何段階か進化をする必要がある。

 

しかし、進化を妨げるのは現状のコンフォートゾーンであることは以前、触れたと思う。

 

また、人間の脳はフル回転すると原子力発電所一個分のエネルギーを使うが、消化器官は脳ほど発達していないので餓死してしまうので、自分にとって重要であること以外はスコトーマにしてエネルギーを消費しないようにしていることも話した。

 

その次の話なのだが、脳のこの機能とはさぼる機能である。見てるのに見ていないのだ。脳は見た気にさせてエネルギーを使わないようにしている。なんと我々が見ているのは記憶なのである。

 

脳は一回見たものは見ない。以前見た記憶と照らし合わせて記憶を見させている。このようにして、エネルギーを使わないようにしているのだ。

 

現状とは現在の状態とその現在が、そのまま続いていった未来のことまでも含む。
現状からゴールに行きたいのだがゴールへの行き方はスコトーマに隠れて見えない。

 

見えているのは現状の記憶だ。

 

現状の記憶の中に進化への道があるわけがない。というか現状の外に飛び出すことが進化なのだから、当たり前ともいえるが。

 

あなたは今まで
何度も
何度も
何度も
何度も
何度も
同じ現状の記憶を繰り返している。

 

これではだめだ!絶対に変われない。

 

ではどうすればよいのか

 

それはマインドに新しい景色を見させてやるのだ。今まで見たことがない景色だ。

 

これを新しいゲシュタルトという。
またはゴールのゲシュタルトという。

 

あなたの現状は超一流アスリートではない。しかし、ゴール側には超一流アスリートのゲシュタルトが存在している。しかし、現状のホメオスタシスが何度も同じ記憶を見させていて引き戻す。

 

ここをぶち壊すんだ。

 

ゲシュタルトは二つ同時に維持できないという法則がある。

 

つまり現状のゲシュタルトとゴールのゲシュタルトは同時に維持できない。

 

だから、現状のゲシュタルトを壊してしまえば、勝手にゴールのゲシュタルトが選ばれるようになる。

 

だからこそ現状のゲシュタルトをぶち壊すんだ。

 

現状のゲシュタルトとはあなたのブリーフシステムそのもの。つまりあなたの価値判断そのもの、もっと言えばあなたの自我そのもののことである。

 

それをぶち壊すということだ。

 

あなたが進化するためにはこれは非常に重要なことなのである。

実践!セルフトークのコントロール

 

さあ、マインドを変えるための実践編だ。

 

ゴール側に臨場感を働かせるために必要なのは実は二つだけだ。これを徹底的にやると効果が抜群にあがる。

 

①セルフトークのコントロール
②アファメーション

 

セルフトークのコントロールを解説しよう。

 

まずはあなたが普段何気なく使っている言葉、この言葉があなたにどれだけ影響を与えているか考えたことがあるだろうか。

 

たとえ、困難なことでも心の中で「俺ならできる」「私にはできる」と思っていればできてしまう。こんなことを誰でも経験したことがあると思う。

 

それとは逆に「どうせ出来っこない」と思っていたケースはどうだっただろう?恐らくほとんどの場合が本当にできていない。

 

できることだからできたのか?
できると思ったからできたのか?

 

答えはできると思ったからできたのだ。

 

もし、これに対して疑問があっても、ここではそう信じて欲しい。もちろん科学的根拠や理論はあるので説明は可能だが、長くなりすぎるのでここでは触れない。

 

人はできると思うことができることなのだ。

 

だからこれからは絶対にできないとは思わない。
そして言葉としても絶対にできないとは言わないことだ。

 

セルフトークのコントロールとは意識して話す言葉と無意識に心の中で思う言葉の両方をコントロールすることをいう。

 

このセルフトークを自分の管理下に置く。
そして肯定的な言葉しか使わないように心掛けることだ。

 

心掛ける?

 

いや心掛けるでは弱い。

 

決心にしよう。

 

自ら語りかけている言葉を意識にあげて常に肯定的な言葉を使うように決心しよう。

 

今日一日もしくは明日一日自分が心の中でどんな言葉を使っているのか徹底的に意識にあげてみてほしい。

 

出来れば、

 

いや出来ればでは弱い。

 

必ず手首に輪ゴムをつけて下さい!

 

そして否定的な言葉、弱気な言葉、あなたらしくない言葉を使ったときはそのゴムを思いっきりパチンと引っ張って下さい!

 

これは無意識の行動を治すために、痛みという信号を肉体に訴えかけて、習慣を変えようとしているのだ。

 

実践してください。

 

実践するためには理論を知っていないと実践ができない。しかし理論だけ知っていても何も変わらない。だからこそ実践は徹底的にしてほしいんだ。

 

今日からは

 

難しいかもと思ったその瞬間

 

いや、俺ならできるだろう とすぐ言い直す。

 

意識的に使うことはもちろんのことながら、無意識に使っている言葉も意識にあげて徹底的にコントロールする。

 

これを繰り返してください。

 

続く

ポイントは臨場感!

 

これから実践に入っていくのだが、その前に臨場感について解説しておきたい。

 

現状のコンフォートゾーンにホメオスタシスが働いて引き戻されてしまう。このホメオスタシスをゴール側に働かせることが必要である。

 

これに成功すればゴールを達成できる。
あなたも一流アスリートの仲間入りだ。

 

マインドは一つの整合的なまとまりを探している。簡単に言うとマインドは落ち着く場所を探している。現状とゴールが相容れない二つの違った場所だとするなら居心地のよい方を選ぼうとする。

 

現状とゴールを比べてみた時にもちろん現状のほうが居心地がいい。ずっと今まで慣れ親しんできた場所なのだから。

 

これが多くの人が変われない理由であり、多くの人が超一流アスリートでない理由だ。

 

ここでゴール側にコンフォートゾーンを移行させたいのだが、マインドは一体何がコンフォートだと思っているのだろうか。

 

その答えが臨場感なのである。

 

臨場感のあるものをコンフォートゾーンだと思っているのだ。

 

コンフォートゾーンといえば、うれしい、たのしい、気持ちいい場所だと思うかも知れないが、マインドにとってはそんなこと関係ない。たとえ、どんなに苦しい状態がつづいていたとしても、それが死にたいほど苦しんでいたとしても、コンフォートゾーンなのだ。

 

コンフォートゾーンとは快適な場という、解釈ではなく慣れ親しんだ場である。

 

苦しい状態に慣れ親しんでいればコンフォートゾーンだということだ。

 

いったんコンフォートゾーンになってしまうと抜け出したくても抜け出せなくなってしまう。

 

もう一度言おう。

 

苫米地式コーチングにおいて臨場感のある場をコンフォートゾーンと呼ぶ。

 

現状とゴールは現状のほうがはるかに臨場感が強いからコンフォートゾーンとなり、ホメオスタシスの力で引き戻されてゴールが達成されない。

 

マインドの訓練とはゴールにホメオスタシスを働かせるための手法だ。

 

ということは、ゴールの臨場感を現状の臨場感よりあげる方法なのだ。

 

ゴールの場に慣れ親しむこと。
ゴールの臨場感をあげること。

 

是非覚えておいてほしい。

 

続く